骨盤ケア

「あげる+ささえる+ととのえる」 妊婦は必須!産後2か月は続けましょう

最新医療シリーズ・臨床医のための最新産科婦人科に掲載されました。

渡部信子氏(助産師・整体師)が提唱した、妊娠中~産後の腰痛などへのアプローチが、「最新医療シリーズ・臨床医のための最新産科婦人科」へ掲載されました。

妊活中・妊娠中からしっかりケアし、将来的に母子ともに健やかに過ごすことを目指します。

骨盤は身体の要の部分です。重要な部分ですから、骨盤の不調はさまざまなトラブルにつながります。

腰痛・肩こり・頭痛・冷え・おしものトラブル・妊娠中の不調・授乳中のトラブルなども予防していく事は大切です。

何より、自分でメンテナンスできるのがいいですね。

女性の身体は、思春期・妊娠出産・更年期と年齢を重ねるにしたがい変化していきます。 

骨盤ケアの3原則「あげる+ささえる+ととのえる」で身体の要である骨盤をメンテナンスして、健康的な美しい姿勢を目指しましょう。

私は、助産師として女性の身体の相談をお受けしてしてまいりました。骨盤ケアで「痛みが消えた」「歩ける」「座れる」「長年続いた尿漏れが改善した」「もっと早く教えてもらえれば良かった」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。家庭では要の役割を担うお母さんが笑顔でいられる様に。そして、次の世代の子どもたちが、健やかに育ってくれる事を願います。

骨盤ケアのご相談お待ちしております。